子供のわきが何歳から?3歳から?6歳から?対策方法は?

 

ある日、子供の脇から変なニオイが。もしかしてワキガ?

 

まず、このサイトを読んでいるのはほとんど母親ですよね?

突然うしろから殴られたような衝撃。親にとってそれはショックですよね。あなたがそうでない場合驚きはもっと大きいはず。しかし覚悟していたとはいえ、その事実を親としてどう受け止めるべきか。溜息ばかりついていてはダメですよ。悩みに突入していくと負のサイクルにどんどん入っていってしまいます。

「なぜ、うちの子が」「もう一生クサイって言われ続けるのね」「私が変わってあげたい」「もう手術しかないわ」病気や体質はあなたが変わることはできません。悩んでいても何も解決しない!前向きに子供と一緒に乗り越えましょう。

では、あなたが親として子供にしてあげられること、対策、ケア方法など一緒に考えてみましょう。

 

ワキガになる年齢っていつから?3歳?6歳?そして対策は?

 

 

性ホルモンが活発になってくる思春期ごろからワキガが気になる人が多いですが、最近は食の欧米化により、ワキガになる子供の低年齢化が進んでいると言われています。そして、ワキガは生まれ持った体質であり病気ではありません。もちろん人から人へは感染しません。

 

ワキガとは。人間には3つの汗腺があり、エクリン汗腺とアポクリン汗腺と皮脂腺があります。

 

  • エクリン汗腺に臭いはなく人間の体にほぼ分布しています。エクリン汗腺の数は人種によって異なり日本人の平均は350万本あり、一平方センチあたり200~300本あります。
  • アポクリン汗腺は特殊な場所にあり、脇、乳輪まわり、へそ、陰部、肛門周辺、耳の中に存在します。アポクリン汗腺の大きさはエクリン汗腺に比べて10倍もあり、肉眼でみることができます。
  • 皮脂腺は表皮を守るために皮脂と呼ばれる脂肪を分泌しています。皮脂腺は毛の根っこを包み込んでいる毛包に付いていて、アポクリン汗腺の少し上にあり毛穴に通じています。

 

 

なぜ、あのような独特なニオイになるのでしょうか。

アポクリン腺からでた汗は無臭だが、その汗が皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗が、皮膚の常在菌と混ざると悪臭になります。

耳垢が飴耳(ねっとりとした耳垢)や親のどちらかにワキガの人がいるとワキガになる可能性が高くなります。なお、ワキガは優性遺伝。

 

ワキガという事実を受け入れる

 

 

小さい子供にとって親は全てです。食べること、寝ること、そして生きること。親のサポートが無ければ生きていけません。

思春期よりも早くワキガの兆候が見えた時、あなたは子供のワキガを真摯に受け止められますか?

ショックなのは皆同じです。ただし必要なことはあなたの子供がワキガであるという事実を受け止め、安心と居場所を与えてあげること。ワキガを否定したり、卑下したりしてはいけません。コンプレックスを植え付けてもダメ。まずは親の心構えが大事になります。

 

あなたが広い大きな心を持ちそしてワキガの正しい知識を持つこと、そして子供と一緒に向き合いケアすることが大事です。

 

子供にどう伝えたらいいの?

 

 

まだ小さい子供に「ワキガってね」と教えてもチンプンカンプンだと思うのでわかりやすく教えてあげて下さい。

「ワキガ」という言葉を教える必要はありませんが、他人とは違うユニークなニオイがすることは伝えましょう。

 

最初にデオドラントをする習慣をつける。日本はデオドラントをするという教育を受けてきていません。ワキガが特別なことではない、キチンとケアすることでニオイが軽減できることを教えておきましょう。無知による差別や区別がたくさんされているので、先回りして教育しておくことで無駄なストレスをためずに済みます。

 

そして、お風呂後のデオドラント、汗をかいたら着替える、脇をシートで拭く、その後デオドラントをするなど習慣化させましょう。ニオイによるいじめにあわないためにも根気よく続けることが肝心です。自分で意識があれば、脇のニオイをケアするようになり、親も意識して声かけするようにしましょう。

デオドラント商品を持ち歩き、汗をかいたらすぐに対策できるよう準備をしておきましょう。荷物は増えますが、タオル、着替えも多めに持たせましょう。

 

親としてできる対策

 

 

脇が臭うことを子供にそれとなりに伝え、デオドラントを習慣化する意識をさせましょう。その上で必要なこと、必要なものがあります。

 

デオドラント商品を揃える

 

商品はたくさんあります。汗ふきシートとデオドラント1種類は常備携帯できるようにしておきましょう。

  • デオドラントクリーム: 子供にはオススメ。無添加、天然成分で作られています。クリームタイプなので少量でよく伸びベタベタしません。市販品よりネットで購入できる商品の方が効果は高いです。「ワキガ クリーム」でたくさん商品は出てきますので探してみてください。
  • ロールオン、スプレータイプ: 市販品はたくさんあります。日本製、海外製もありますが、子供には日本製の方が刺激が強すぎないでしょう。
  • 汗ふきシート: これもたくさん市販品があります。汗ふきシートは自分で手作りすることができます。刺激が強いと思うのであれば手作りしましょう。

 

食生活の見直し

 

ジャンクフードやインスタント食品、お菓子、乳製品、肉。ワキガにとってニオイの原因。野菜をたっぷりと取り、和食中心の生活にシフトしましょう。肉はおいしいですが、やはり肉食が中心になるとワキガも強くなります。牛肉を選ばず、鶏肉を選びましょう。

食生活はなかなか直すのが難しいですが、おいしい家庭料理が基本です。

 

洗濯、服の素材にこだわる

 

脇がニオうのもありますが、服についたニオイが更にニオイを悪化させていることがあります。特に制服など、なかなか毎日洗えないものには気を配りましょう。直接服にスプレーするデオドラント商品もあるので、色々と探してみてください。

 

そして、脇部分のみ手洗いするだけでだいぶ違います。つけおき洗いと漂白もマメにし、洗浄力の高い洗剤を使いましょう。海外製の洗剤の方がニオイや汚れを落とす力が強い商品が多いので、色んな商品を見てください。

服の素材、特に下着はなるべく綿100%を選び、アクリルなどの化繊のパーセンテージが多い商品は選ばないで。ワキガと化繊は相性が悪く、自分でもわかる位の悪臭を放ちます!

 

お風呂、シャワー

 

まだ子供と一緒にお風呂に入っているのなら、脇の洗い方を親が教えましょう。

湯舟へつかり毛穴を開き汚れを落としやすくして、はゴシゴシとこすらないでたっぷりの泡で洗う。ワキに汚れがたまっているとそこから悪臭が。石鹸だけでなく、クレンジング剤なども使いデオドラントの汚れもしっかりと落としましょう。そして肌にやさしいものを選びましょう。

 

 

ワキガや体臭専用の石鹸やボディソープは子供にとっては刺激の強い商品もあるので、保湿成分が含まれているものや、市販の石鹸でも大丈夫なので泡立ててしっかりと洗いましょう。

 

まとめ

 

 

子供のワキガは親がしっかりとフォローすることで、対策ができます。

私は子供に手術はオススメしません。なぜなら、まだ成長期の子供の体にメスを入れることがデメリットであり、そこまでする必要があるのかということ。

今、色んなデオドラントが出てきています。医学は進歩し続けていて、そのうちにものすごい強力なデオドラント商品や、体にメスを入れない手術法が確立されるかもしれません。焦って手術して痛い思いをするのは子供。そこをよく考えてください。

 

そして、ワキガと向き合い共存していくこと、安心で居心地のいい空間を家で作ること。子供もデオドラントを習慣化させることが、長い目で見るといいことではないでしょうか。

 

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

腋臭症ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ワキガ歴30年。産後からワキガが悪化。重度のワキガ持ち。 色んなデオドラントを試すもなかなか自分にあうものを見つけられない。悪意のある発言や行動をする人に傷つけられ、一時期は軽いうつ状態になりました。 これからは、前向きに認知されるよう活動していきます。 子供3人持ち、国際結婚してます。