ワキガの彼女でも結婚する、やっぱり結婚できない?後悔?

 

結婚を前提に付き合っている彼女、かわいいし、性格もいいし結婚するには何の問題もない。

ただ、1つ気になるのが彼女のワキガ。ワキガだけでなくスソガもある

 

結婚するのであればお互いの両親に紹介となると、彼女のワキガが自分の親にわかってしまう。

あなたの家族はワキガのニオイに対して、ものすごく否定的ですか?それとも気にしないですか?

 

結婚すべきか、別れるべきか。

 

人生を決める大事な決断。自分1人だけの問題ではなくなってきます。あなたの家族、彼女の家族、親戚付き合い、友達付き合い。一生の問題です。

 

大事なことだからこそしっかりと一緒に考えませんか?

 

ワキガの彼女でも結婚する

 

 

大好きな彼女、彼女以外に結婚する人はいない。でも、1つだけどうしても頭を悩ますことがあったのは彼女のワキガのこと。

付き合い始めは気がつかなかったけれど、深い関係になり親密になるにつれ、気になってきた彼女のワキガ。自分でケアはしているようだけど、やはりベッドの中やシャワー前には気になってしまい、時々強烈なニオイの時は、そういう気分までも萎えてしまう。

 

あなたの家族に彼女を紹介するとなった時、もしあなたの家族がワキガを忌み嫌っておりそんな子を連れてきたら、あとで何か言われたら気が気ではないですよね。そして結婚して子供が生まれその子供がワキガだったらと思うと不憫だと思ってしまうでしょう。

あなたは、彼女に何を望んでますか?手術ですか?もしそうだとしたら、あなたは、彼女の体にメスを入れて再発や術後臭などのリスクがある手術をすすめられますか?もしその手術で子供の産めない体になってしまったらどうしますか?

 

ワキガがある彼女は、スソガもあるのではないですか?性生活が日常になるので、スソガの問題も避けて通れない問題。スソガは、深い関係にならないとわからないこと、女性性器は複雑な構造をしているために、洗うのが難しいので、VIO脱毛もありますが、毛がなくてもやはりニオう部分ではあります。

性生活は相性もあるので、デリケートゾーンの手術もありますがオススメしません。そこを手術しても肌着や服で隠れてしまう部分。商売でそうしなければならない人は別ですが、手術よりもVIO脱毛の方をオススメします。

 

そして、あなたの彼女が自分がワキガであることを自覚していない場合は大変です。そのことを彼女に伝えた場合、立ち直れなくなる可能性も。

その彼女の性格にもよりますが、ワキガを指摘されると大半の人はショックを受けます。そこから人間不信になってしまったり、引きこもりになってしまう人もいます。

 

ワキガを伝えるということは、いくら親しい関係でも非常に神経を使います。もしあなたが彼女のことを思ってワキガのことを話すのであれば、真剣にあなたのことを思って話しているということを忘れないで下さい。

 

やっぱり結婚できない、後悔してしまう。

 

 

先のことを考えると、やっぱり結婚は無理だと思うなら、早いうちに別れましょう、それも彼女のため。ずるずると何年も付き合っていると、結婚という文字が女性の中に芽生えてきます。

彼女はそこに期待してしまい、あなたの最終決断がワキガは無理というのであればなおさら。彼女を傷つける前に早く手を打ちましょう。

 

女性は強いです。立ち直りも早く、男性と違い引きずることはほとんどありません。

別れたら次という風に探しに入るか、しばらく期間を置くという状態になるでしょう。別れたあとの彼女の心配をする必要はありません。

 

あなたも、ワキガの彼女とは一緒には生活できないと悟ってしまったのであれば、その彼女のことはもう忘れる。生理的に受付けられないものは無理することはありません。

未練は残るかもしれませんが、その方がお互いのためです。

 

出産とワキガと遺伝

 

 

女性には子供を産むという機能があり、それは命をかけた大仕事。昔は出産で亡くなる女性も多かったですが、最近は医療の発達で死亡率は激減しています。

軽度のワキガの人が、中度、重度となってしまうことが。出産後はとにかく忙しく自分のことは何もできません。

 

自分の食事や、メイクをする、身だしなみを整える、特に初めて出産する人はわからないことだらけ。

赤ちゃんへの接し方、母乳の与え方、夜泣きやおむつ交換、お風呂の入れ方、とにかくやることが山積み。そんな中、自分のデオドラントに手が回るはずもなく、毎日が目まぐるしく過ぎていくのですから。

 

産後に適切な処置をすれば、ワキガがひどくなることはないのですが、放っておくと重度なワキガになってしまいます。ただし、逆のパターンもあるようなので、人間の体は不思議ですね。

そして、子供への遺伝は50%の確率。なるかならないかのどちらか。耳垢をチェックして、飴耳になっていたらワキガ遺伝は覚悟しましょう。

 

まとめ

 

結婚という人生の一大決心と共に、一緒に生活をしていくのにワキガということが、ネックになってしまう。

あなたも彼女も、これからの人生を共に生きて行こうと思っているなら、やはりワキガをお互いに理解し付き合っていくしかありません。

 

そして、子供がそうであったら、うろたえずにみんなで一緒に付き合っていきましょう。

ワキガ=エチケットこれを忘れないでください。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

腋臭症ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ワキガ歴30年。産後からワキガが悪化。重度のワキガ持ち。 色んなデオドラントを試すもなかなか自分にあうものを見つけられない。悪意のある発言や行動をする人に傷つけられ、一時期は軽いうつ状態になりました。 これからは、前向きに認知されるよう活動していきます。 子供3人持ち、国際結婚してます。