体臭を消す石鹸やボディソープ・無添加石鹸で体臭改善できるの?

 

石鹸やボディソープで体臭改善ってできるの?そもそも石鹸とボディソープのどっちが体臭に効くのか?違いがよくわからない。

 

体を洗うということは汚れを落とす、ニオイを落とす、気分転換になる、さわかな気分になるなど毎日の生活の中で必要なこと。中にはお風呂嫌いな人もいますが、日本人はお風呂が好きな民族なので、温泉や銭湯の時間楽しむことが好きな人も多いのでは?

あなたは石鹸とボディソープどちらを使っていますか?両方の特性を知っていますか?

石鹸の作り方は何通りもあり、素材や原料は入れるもので効果が変わり、ボディソープはもっと成分にこだわることもできるけれど、使う原料によって価格に差が出ます。こだわりの商品はそれにこだわって作っている職人さんもいます。

 

それでは体臭と切っても切れない石鹸とボディソープ、一緒見てみましょう。

 

石鹸とボディソープの違いと無添加石鹸とは。

 

石鹸とボディソープの違いとは。

固形石鹸は、脂肪酸と水酸化ナトリウムを反応させた脂肪酸ナトリウムでできています。水に溶けると界面活性剤として洗浄力を発揮し、比較的低刺激なことから、手洗いや洗顔に使われることも多い。

液体石鹸は、脂肪酸と水酸化カリウムを反応させた脂肪酸カリウムから作られています。もっと水に溶けやすく、液状にすることが可能なので液体石鹸に使用されます。

 

無添加石鹸とは

それでは無添加石鹸とはどういう製品なのでしょうか?

石鹸成分が98%以上の純石鹸の他に、合成保存料や界面活性剤を含まない無添加商品もあります

 

完全無添加と化学合成成分無添加

完全無添加:肌にやさしく低刺激。純石鹸は石鹸素地や純石鹸分、脂肪酸ナトリウムなどが98%以上配合されたもので、添加物を含まない

化学合成成分無添加:洗いあがりがやさしい。界面活性剤や合成着色料、合成香料など刺激となる成分は含まれていない

 

釜焚き法とコールドプロセス法

釜焚き法:純度が高くしっとり。石鹸の成分である天然油脂と苛性ソーダを加えて加熱し、分解・結合させ、グリセリンや美容成分を残したまま石鹸にすることができる

コールドプロセス法:グリセリンが豊富。釜焚きけん化法より油脂の劣化が少なく、グリセリンが多く残り、釜炊き法に比べると純度は低くなりますが、より保湿効果が高くなる

 

枠練りと真空加圧製法

枠練りグリセリンが残り、自然乾燥のため美容成分を足すことができる。洗顔せっけんに向いている。

真空加圧製法高圧で形を作れ、塩分を足すことができる。アトピーや敏感肌の人にもおすすめ。

 

石鹸の製法ってこんなに細かく分かれていて、更に成分を足すこともできるんですね。名前は聞いたことがあってもこんなにも色んな製法があるなんて知りませんでした。これらの製法の組み合わせでたくさんの種類の石鹸があります。そして固形石鹸はグリセリンを多く含む製法を選びましょう。

 

石鹸やボディソープで体臭を消すことはできるの?体臭改善はできるの?

 

石鹸やボディソープで体臭を消すことはできますが、体臭改善はできません。体臭改善は体の中からするもので、外側だけ消臭しても根本的な解決にはならない。

それには食事を見直すことが一番の近道。今あなたが毎日食べている食事を変えることで体臭を改善することができます。あなたは肉や乳製品を毎日食べていませんか?食の西洋化とインスタント食品、加工品の食べ過ぎで体臭に悩む人が増えています。シンプルな食事でもいいので、日本の文化、和食をもっと食べましょう。食事について詳しくはこちら体臭を消す食べ物

 

それでは、オススメの石鹸とボディソープです。

高濃度竹塩石鹸Premium(しっとりタイプ)

年齢肌、敏感肌、肌荒れが気になる人にオススメです。還元竹塩を使い、米発酵エキスとオリーブオイルを配合。画期的な真空加圧製法で竹塩配合量が30%で、気密性が高いのでお風呂でドロドロと溶けることがありません。

真空加圧製法で、非加熱、水を使わず保存料、防腐剤は不使用。界面活性剤や香料を使用していませんから敏感肌の方やお子さんでも安心してお使いいただけます

原材料:植物性石鹸素地、還元竹塩、オリーブ素地、米発酵エキス

初回限定とくとくコース、3780円が1500円とお得です

 

 

mogans

敏感肌、乾燥肌の人のために生まれたmogans。20種類のアミノ酸、4種類のアロエベラエキス配合、肌のうるおいを保つPH値、バリア機能を守るから優しく洗えます

石油由来界面活性剤、シリコン、合成ポリマー、パラベンなどは一切使用していませんから赤ちゃんから大人まで使えます。

フランキンセンスをベースにラベンダー、ベルガモット、イランイランなどのリラックス感あふれたのアロマがブレンドされています。フランキンセンスはクレオパトラも愛用した香りです。

全成分:水、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ラウリン酸ポリグリセリル -10、ココイルリンゴアミノ酸Na、アロエベラ液汁、アロエベラ葉エキス、キダチアロエ葉エキス、アロエフェロックス葉エキス、ベタイン、PCA-Na、ソルビトール、セリン、グリシン、グルタミン酸、アラニン、リシン、アルギニン、トレオニン、プロリン、タウリン、リシン HCl、ロイシン、ヒスチジン HCl、バリン、アスパラギン酸 Na、イソロイシン、アラントイン、フェニルアラニン、チロシン、イノシン酸2Na、グアニル酸2Na、バニラ果実エキス、ニュウコウジュ油、ベルガモット果実油、イランイラン花油、ラベンダー油、加水分解水添デンプン、クエン酸、カラメル、BG、グリコシルトレハロース、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル -2、セテアレス-60 ミリスチルグリコール、安息香酸Na

300ml、2484円(税込み)です。


まとめ

 

あなたは石鹸派?それともボディソープ派?

夏は汗をたくさんかくので石鹸、冬は潤いが欲しいのでボディソープと使い分けてもいいですね。

 

入浴後には保湿とデオドラントを忘れずに。

デオドラントはエチケット see you!

 

にほんブログ村

腋臭症ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。