ワキガのメカニズム

ワキガとは。

人間には3つの汗腺があり、エクリン汗腺とアポクリン汗腺と皮脂腺があります。

  • エクリン汗腺に臭いはありません。人間の体にほぼ分布しています。エクリン汗腺の数は人種によって異なり日本人の平均は350万本あり、一平方センチあたり200~300本あります。
  • アポクリン汗腺は特殊な場所にあり、脇、乳輪まわり、へそ、陰部、肛門周辺、耳の中に存在します。アポクリン汗腺の大きさはエクリン汗腺に比べて10倍もあり、肉眼でみることができます。
  • 皮脂腺は表皮を守るために皮脂と呼ばれる脂肪を分泌しています。皮脂腺は毛の根っこを包み込んでいる毛包に付いています。アポクリン汗腺の少し上にあり毛穴に通じています。

 

なぜ、あのような独特なニオイになるのでしょうか。

アポクリン腺からでた汗は無臭だが、その汗が皮脂腺から分泌された脂肪分やエクリン腺から分泌された汗が、皮膚の常在菌と混ざると悪臭になります。

耳垢が飴耳(ねっとりとした耳垢)や親のどちらかにワキガの人がいるとワキガになる可能性が高くなります。なお、ワキガは優性遺伝。