アルミニウム制汗剤で乳がん?塩化アルミニウムは危険?アルツハイマーや体への影響は?

 

デオドラント商品を使う方は、これらの商品を毎日つけ続けていて本当に体にいいのだろうか?という疑問がわきませんか?あなたが使用しているデオドラントの裏側をチェックしてみると、成分に“アルミニウム”の表示がありませんか?

え?あんまり気にして見てない?わきのニオイがなくなればいいですか?

 

では、デオドラント制汗剤を何年にも渡って使い続け、何かの健康被害が起こってしまったら。。。。それがガンだったら?それがアルツハイマーだったらあなたはどうしますか?

乳がんになってしまい、すべて手遅れになってしまったり、アルツハイマーになってしまい、社会生活が送れなくなってしまったら。あなた自身が悔しい思いをし、家族にも悲しい思いや金銭的、精神的負担をかけてしまう。そうはなりたくないですよね?

 

デオドラント剤に使われているアルミニウムと乳がんの関連性は知らないでは済まされない問題。アルミニウム以外にも使われている成分に疑問がわきませんか?

自分の体に直接つける制汗剤だからこそ、裏面に記載してある表示成分に興味持ち、使われている成分についてもっとよく知りたくないですか?

 

あなたの体のことを、自分で商品裏面をよく見て表示成分を知り、どういう成分が使われ、どんな副作用や健康被害にあう可能性があるのか、もっと意識を持ってみませんか?表示成分を知るだけで、色んなものの見方が変わってきます。

 

では、アルミニウムが乳がんやアルツハイマーのリスクがどれ位あるのか見てみましょう。

 

アルミニウム制汗剤は危険なの?

 

 

多汗症、わきがにアルミニウムはとてもよく効きますが、副作用として刺激性皮膚炎を起こすと言われています。海外製の製品にはアルミニウムは多く使用されていて、やはりその効果は、日本製の商品と比べると明らかに違う。

日本製でアルミニウムが使用されているものは、皮膚科で処方される塩化アルミニウムがあります。でも、疲れている時や時間がない時などは、素早く制汗剤を使いたいことがありますよね。

 

しかし、こんな時は制汗剤は使わない方がいい時があります肌のかゆみやかぶれがある、ムダ毛の処理直後に塩化アルミニウム制汗剤を使うと、炎症を起こしている部分や傷口から塩化アルミニウムが入り込むことがあるので、肌のトラブルがある時に制汗剤は使用しないこと。

腕の内側を1とした場合の化学物質の吸収率が、脇の下では3.6倍になり、女性性器はなんと42倍。女性特有の臓器はこういう経皮毒の吸収率が高いですね。

 

乳がんへの危険性は海外で取り上げられ話題になってますが、塩化アルミニウムが直接の原因となってはいないとの見解もあり、まだまだ研究途中な部分がまだあります。

どの情報が正しいの?と訳がわからなくなりますが、自分の本能や五感を信じて、今使っているデオドラントが危険で体に悪いと感じたら使うのはやめましょう。

 

塩化アルミニウムと乳がんの危険性は?

 

 

制汗剤には、塩化アルミニウム以外にもたくさんの危険な成分が使用されていて、パラベン、トリクロサン、コカミドジエタノールアミン、プロピレングリコールなどがあります。主にこれらの成分が入っている制汗剤はよく選んだ方がいいですね。

制汗剤の効果もありますが、やはり自分の体と健康は自分で守らないとどうしようもありません。乳がんと制汗剤の関連性はまだ研究中とのことですが、全く関連性がないとは言い切れません。

 

アメリカのガン協会が制汗剤と乳がんのリスクという文献を載せています。詳しくはこちら

 

乳がん検診に行きましょう。

 

乳がんの検査にはマンモグラフィが使われます。検査に引っかかるとエコーや触診が入ってきます。

しかし!そのマンモグラフィの検査はとにかく痛い!アクリルの板に胸をつぶして撮影します。その時、めちゃくちゃおっぱいをアクリル板にはさまれ、そして更に機械でプレス。数秒とは言え涙が出るくらい痛いです。両胸検査するので痛みも2倍です。

 

ピンクリボン運動で乳がんの認知度は高くなりましたが、まだまだ検診率は高くありません。まだ半数の人は乳がん検診に積極的に行っていません。

なぜ、検診に行きたがらないのか。それは、マンモグラフィが痛い、がんが発見されたら怖い、めんどくさいというのが理由のようです。

 

ガンと知らずに進行してしまって、ステージ4とかになっていた方がよっぽどショックではないですか?そうなる前に予防し、そして乳がんは早期発見で治る病気になってきています。

更に乳がんは自分で触診して発見することができます。生理後1週間以内、閉経した方は毎月日にちを決めて触診してみましょう。自分の体の内なる声を聞きましょう。

 

乳がんのセルフチェックの仕方はこちらへ

 

乳がんになる確率ってどれくらい?

参考資料:ピンクリボン フェスティバルから抜粋

 

乳がんになる人の割合は12人に1人発症し、その数は年々増え続け女性のガンではトップの罹患率。それも発症した人の30%が死亡するという統計が出ています

それだけ女性にとっては身近な病気乳がん。そして女性としてのシンボルを失ってしまうのは恐怖です。

 

肺などの臓器にも近いので転移も怖い部分でもありますが、医学は日々進化し、検査をする機械もどんどん変わってきています。痛い思いをしたり乳房を他人に触られることなく検査ができるようになってきています。

 

以外にも、なんと男性も乳がんになるんですよ!数字的には低いですがゼロではありません。なぜなら、男性にも乳腺があるから。

しかし、男性は女性のように乳房あるわけではないので、非常に発見率が低く、気付いたら末期ということもあるそう。男性も胸にしこりや違和感を感じたら検査に行きましょう。男だから乳がんになるなんてあり得ないことはないのです。

 

一度も乳がん検診を受けたことがないあなた。あなたが加入している健康保険組合や、市区町村で検診をしてるのであれば受けてみませんか?

健保組合だとオプションで検診が受けられたり、市区町村のガン検診は無料や低料金で検査が受けられます。

 

私が以前住んでいた場所にはがんセンターがあり、毎年無料でがん検診ができて(胃がん、肺がん)乳がん、子宮がんは2年おきに検査ができました。ご自分の住んでいる地域の情報調べてみてください。

検査の前に乳がんの知識の勉強やしこりを実際に触れられる人口乳房もあり、リアルに体験ができます。

自分の乳房の中にこんなに固いものがあるんだ、これががん細胞なんだと実感できますよ。自分の中に、病気の知識があるのとないとでは大きな違いが出ます。

 

アルツハイマーになるって本当?

 

 

アルツハイマーを患うと顕著な症状が現れます。アメリカのアルツハイマー協会では、認知症が疑われる症状をチェックリストとして提示しています。

「もしかして…」と感じた場合は、是非判断の参考にしてください。

 

アルツハイマーの注意すべき10点

  1. 記憶の喪失
  2. 計画や数字を扱う能力に問題が出てくる
  3. 日常の作業を完了させるのが難しくなる
  4. 時間や場所の混乱
  5. 読んだり距離を判断したり色やコントラストを見極めるのが難しくなる
  6. 会話についていったり参加することが難しくなる
  7. 物を置き忘れても記憶をたどることができない
  8. 判断力の低下
  9. 仕事、社交活動をやめてしまう
  10. 気分、性格の変化

 

年齢を重ねれば認知症として扱われてしまいそうですが、若い人にもアルツハイマーは進行します。若年性アルツハイマーは実際にある病気です。

知らぬ間に病気が進行し社会生活を送れなくなってしまう前に何かいつもと違う、人から上記のようなことを指摘されたら、必ず病院を受診しましょう。

 

まとめ

 

 

病気が気になるのであれば、まずチェック項目で自分がそれに引っかかっていないかのスクリーニングを行い、気になるのであればためらわずに病院へ行きましょう。

それで何も問題がなければ大丈夫。ただしそれに安心してはいけません。100%安心はありません。

 

あなたが使っている制汗剤のアルミニウムが気になるのであれば、商品を変えましょう。ノンアルミニウム商品もたくさんありますし、一番安全なのは自分で制汗剤を手作りをしてしまうこと。

自分で材料から選びオーガニックも選べ、香りや容器も自分でカスタマイズできる、自分だけのオリジナル制汗剤。作り方はまた別記事にてご紹介しますね。

 

にほんブログ村 健康ブログ わきが・多汗症へ
にほんブログ村

腋臭症ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ワキガ歴30年。産後からワキガが悪化。重度のワキガ持ち。 色んなデオドラントを試すもなかなか自分にあうものを見つけられない。悪意のある発言や行動をする人に傷つけられ、一時期は軽いうつ状態になりました。 これからは、前向きに認知されるよう活動していきます。 子供3人持ち、国際結婚してます。